◆正直者がバカをみなくなる?


「正直者は馬鹿をみる」は世の真実であるとは思いますが、SNSの広がりとともに正直者がバカを見る度合いは減ってきていると思います。 ここ数日拙FBに書いた蓮田スマートインターチェンジ問題がその良い例です。

10年前私がTV報道「噂の東京マガジン」でこの問題を訴えたときは、同じ蓮田市内の市民の間でも自分には無関係と関心が薄く、ちょっと考えれば直ぐにウソと分かる噂で話が矮小化され、住民運動に身を投じたことが、あたかもプロ市民のごとく言われてきました。

それ故、この件は悪い夢を見たのだと自分に言い聞かせ封印していたのですが、何を思ったのか市長が全く関係ない私の質問に対する答弁で、滔々と「噂の東京マガジン」について語りだし、遠くを見るように「今でもこのビデオを見返している。激しい反対運動があったが実現した。」とあたかも困難を乗り越えやり遂げたかのような言い方をしたのでした。

そこで必死で当時のビデオを探し出し見直したところ、私自身が住宅地にわざわざ道路を新設して迄高速道路利用車両を引き込む危険性を指摘し、現に出口が県道に接続しているのだから、それを利用すべきと提案していることを確認し思い出した次第。

このことをビラに書いて配布すれば、かつてのようにあたかも反動分子のごとき扱いを受けることを覚悟の上で議会報告ビラにしたため、配布したところ予想外の反応があり、市民団体や自治会長さん達からから、こんなことだったのかもっと具体的に知りたいとの問い合わせが続いています。


今日も、私のポスターを掲示していただいている方から、近所の方から今回のビラを読んでスマートの問題点がやっと分かった、今まで福田さんを誤解していたと言う人が凄く多いのでもっとビラが欲しいと言われ、再び増刷した次第です。
私は、スマートインターチェンジ問題に関する限り我が街の民度には諦めを抱いていて、全ては自己満足として何も期待せずに事実をを淡々と知らしめていこうと思っていましたので、これは予想だにしなかった反響です。


甘いかもしれませんが、正直者がバカを見るとは限らないと思い始めています。愚息曰く、そうなってきたのはSNSの広まりで嘘が通りにくくなったからではないかと。なるほどツイッターやFBは10年以上前からありましたが、ベース人口がけた違いに増えているような気がします。


見る目が増えれば、嘘は見破られると言う事なのでしょう。この点は、時代が進むほどに世の中良い方向に進んでいるように思った次第。ただし実際の社会構造ははそうとも言えないようではありますが・・・

https://www.youtube.com/watch?v=jQoUhVz9Wvc

◆何が目的の地方政治なのか(その2)

先の拙HPでは去る3月議会における、中野政廣議長と齋藤昌司議会運営委員長からの1年生議員である私への圧力について書きました。

来週から始まる6月議会で、どう出てくるのか見ものです。何かあれば全てここに公開します。おそらく市長派と目されている議員さんたちは、何故私が圧力に屈しないのか理解できてないのだと思います。

それは地方政治に参加している目的の違いではないかと推測します。

古参議員曰く「現市長派の面々は、私を次期市長候補と目し、論理や政策論争ではかなわないので圧力を加えてきたのだろう、これまではかつてのボス議員がそのようなやり方で功を奏してきたので、ボス議員が居なくなった今も、そのやり方を踏襲しているが、どうやら福田さんには通じないようだね」とのこと。

圧力に屈すると思うこと自体私には理解できません。何故なら圧力に屈するとは屈することで何かが守れる場合でしょうが、私には守るものが無いからです。

よく言われたのは、市長になりたければ●●しろといった、助言です。当初は善意の助言だろうからとある程度は分かったフリをしていましたが、今は考えに整理がつき、善政を実行するのに無用な事や悪い影響を与えそうなことには一切妥協しないことにしています。

市長になろうと思えば、様々な妥協が必要なようですが、市長になることが目的ではなく市長になって善政を実施することが目的であると心の中を整理してみれば、もう市長になるためにと守るものがなくなり急に靄が晴れました。

例えば市長を目指すならば議員を敵に回すなと、さんざん忠告を受け、そうすべきとも思いましたが数を頼んで明らかにおかしな圧力を掛けてくるならば、そんな議員の圧力に屈して市長になったとしても善政から遠のくばかりと気付き、そうまでして市長になる気はないと割り切れば、どんな圧力も屁とも思わず、逆にそうした実態を市民に知らしめることこそ使命と思う次第です。

タブンこんな事を言えば、「ふん何をキレイ事を言ってるのか」と言われそうですが、ここが市長や議員になることが目的な者と、市長や議員になって街を良くすることが目的な者との違いで、前者には後者の考えは到底理解できずキレイ事としか受け止められないのでしょう。

意図したわけではありませんが近年、最悪の事態を覚悟して変に妥協せず正しいと思うことを押し通した結果、逆に全く想像もできなかった最善の事態が立て続けに起き、身を捨ててこそ浮かぶ瀬もある事を実感しました。

こうしたことが立て続けに起こって、世の中悪い方向にばかり進むわけではないなと、考えに迷いがなくなった次第です。 世の中悪い方向にばかり進むわけではないなとの思いは、このところ拙FBに書いた蓮田スマートインターチェンジ問題でも実感しましたが、長くなりましたのでこれについては明日「正直者がバカを見なくなりつつある」と題してアップします

◆何が目的の地方政治なのか

市長にしろ議員にしろ、何が目的で市政に関わっているのでしょうか。安全・安心・快適な市民生活の確保のためであるはずです。だから誰もが選挙でこのことを公約に掲げているわけですが、はたしてどこまで本気なのでしょうか、おそらくほとんどそんな事は考えていないのではないでしょうか。

そう思わせることが、この一連の蓮田スマートインターチェンジ(以下スマートIC)問題です。

問題は以下のように地域住民の安全を無視して無用な用地買収してまで整備を強行した点です。市長は「埼玉一安心安全な街づくり」を標榜していますが、一体どこが!逆であることは明白!コトバだけの空回り極まれり!です。

① 【住民が危険に晒される】=住宅密集地に高速道路車両を引き込む計画だったので、身の危険を感じた住民が環境改善を要求したが無視されました。

② 【用地買収にこだわった謎】=当時住民代表だった福田が改善策として現に供用している道路橋を利用して工場地帯の県道に接続すれば、無用な費用をかけずに安全になると提案しても、用地買収に拘り道路を新設してまでスマートIC車両を住宅密集地に引き込む計画にしたのは何故?

③ 【住民無視を公言する恐怖政治】=市長は私の質問に対し、強い反対運動があったが実現させたと、あたかも責務を妨害に負けずに実行したかのような言い方をし、挙句には交通安全策はやりたくても「住宅密集地なので」できなかったかのような答弁をしました。自身では気付いていませんが、ここに非民主的な強権政治の本質が現れています。

住民は身の危険があるから住宅密集地に高速利用車両を入れないでくれ、現に反対側の人が住んでいない工場地帯の県道に道路橋が繋がっているのだからそちらに流してくれと言うのを無視し、「住宅密集地だから」安全策は出来ないと公言し、住宅密集地であることを認識したうえで用地買収して引き込んだと言うのですから、日本全国探してこんなことを議会で自慢気に言う首長がいるでしょうか。

もう一つ問題なのは、これを議会も良しとした点です。地域住民の「自分たちを危険にしないでくれ」「するなら安全確保してくれ」との切実な要望を無視して、あたかも反対運動が悪のように言う体質は一部に未だに継承されています。これが市民の代表なのでしょうか。

いったい何が目的で議員になり市長になっているのでしょうか、考えざるを得ません。

私が一市民であった10年前、わざわざ用地買収してまで住宅密集地に高速道路車両を引き込まずとも、現に工場地帯の県道に繋がっているのだからそちらに流すべきと主張したことは全国にTVで報道されており、これを無視して工事を強行した結果、懸念した通り住民が意識不明の重体に陥る事故等が多発しました。

そして今般国は、住宅地側スマートIC出口を閉鎖し、私が指摘したように反対側の県道に接続するよう計画変更しました。結果、用地買収して整備した接続道路は全く無用になりました。そうはいっても誰か使うだろうと考えたいところですがこの道路に面しているのは一企業の広大な未利用地(一部駐車場)だけですから、いわば私道の機能しかありません、通り抜けも出来ない行き止まりです。

何故、そうまでしてこの道路の新設にこだわったのか、考えれば考えるほど謎です。

ちなみに一辺しか接道していなかった一企業の広大な未利用地はこの道路整備によって3方を公道で囲まれることになり、土地代金が入った上使い勝手が飛躍的に向上しました。偶然なのでしょうがお金をもらった上に自分しか利用できない道路を造ってもらえるとは羨ましい限りです。

◆議会報告その3=二元代表制の危機


市長のリーダーシップの危うさと、長期政権に忖度してか、中野政廣議長と齋藤昌司議会運営委員長からの圧力についてお知らせします。

さて、間もなく始まる6月議会ではどんな反応があるのでしょうか、逐一皆様にご報告してまいります・・・請うご期待!

〇いったいどこが「埼玉一安心・安全なまちづくり」?~むなしいスローガンと無駄な用地買収

つづきです

住民の要望を無視した結果、住民が事故で意識不明の重体になったり、子供が事故にあって、この度ようやく国交省によって福田が提案した県道への接続に計画が変更されました。

いったいどういうつもりで「埼玉一 安心・安全なまちづくり」などと標榜しているのでしょうか、市議としても市民としても憤りを感じます。

市は計画の間違いすら認めません、間違っていないなら何故計画を変更するのでしょうか。多額の税金で用地買収し整備した道路は無駄になりますが、この責任は誰が取るのでしょうか。

〇 住民無視を良しとする議員?

市長派と思しき議員が福田はスマートICに反対だったと触れて回っているとのこと。私はスマートICに反対なのではなく、高速道路の車両を住宅密集地に引き込むことに反対なのであって、それ故に県道への接続を主張し、ここに至ってその通りに国が計画変更したわけで、この事実はどんなに虚言を弄しても覆りません。

こうした虚言の流布にも長期政権に忖度する議員の問題点が現れています。そもそも議員ならば、危険を恐れている住民を助けるべきなのに、あたかも反対運動が悪いかのように言い、住民の身体を押さえつけたり無視した市政を良しとすることは、市民のために働く意識が無いことを露呈しています。

二元代表制を理解していれば、こうした住民の反対運動を批判することなど恥かしくてできないはずです。意識不明の重体になった地元住民になんと言うのでしょうか。

https://www.youtube.com/watch?v=jQoUhVz9Wvc

3月議会報告その1

市議となって早2年が過ぎましたが、気付いたのは長期政権による市政の私物化や強権政治とそれを見過ごしてきた2元代表制の危うさです。只今3月議会報告と共にその実態をビラにしたため各戸に配布しているところですが、内容が重大なので来週から新聞折込も併用し市民の皆様に蓮田市政の実態を広くお知らせする予定です。以下にその内容をシリーズでお伝えしてまいりますが、蓮田市政に関する事ゆえ、市民の皆様以外は読み飛ばしてください。

https://www.youtube.com/watch?v=jQoUhVz9Wvc

◆見えているのに・・・

厚労省は何をやってるんだ!と怒る前に、官僚始め公務員の人員増強を考えなればただのウップン晴らしに過ぎないでしょう。こうした単純に国や公務員への不満をぶつけることは、文句を言っている国民に返ってくる、イヤ既に返ってきていると思います。

少し前「内閣コロナ室で月300時間超残業」が問題となりましたが、相対的に仕事量が多過ぎる状況を解決しないで残業を減らせと言っても無理でしょう。人員融通での業務量の調整を首相は命じましたが、おそらくどこの省庁もそんな余裕などあるはずもありません。

なにしろ我が国の公務員数は、諸外国に比べて圧倒的に少ないのに、人員削減ばかり行った結果のしわ寄せが明白に起きていると思います。人員を減らしても仕事量は減らないから相対的に激務にならざるを得ない状況で、いくら尻を叩いてもこなす仕事量には限度があります。

限度を超えれば、いくら頑張っても謝っても結果は出ず、そのツケはユーザーつまり国民に返ってきます。

コロナ禍で、いったい政府はこの一年何をやってたんだと思いますが、その手足となる官僚をはじめとする国・地方の公務員はただでさえ人員不足なのにコロナ対策と言う未曽有の事態に対処するなんて不可能な事は、自分に置き換えてみればわかると思うのですが・・・。

公務員の人員不足と言う重箱のど真ん中てんこ盛りの事実やその結果の無策も、皆見えているはずなのに、その根本的解決を考えず重箱の隅ばかり見ての批判の嵐では、先が知れているのではないでしょうか。

私は医療の専門家ではないので、コロナ禍に対する様々な対策についてどうこう言うことはできませんが、どうこう言っているばかりで、どうこう出来る体制創りを全く考えない世の風潮には警鐘を鳴らすべきだと思い、ここに書いた次第。

具体的コロナ対策は専門家にお任せするとして、例えば早急に退職者の再雇用を進めるなどして、専門家を含め対策を担う公務員不足を解消する方策を先ず考えるべきです。

https://www.news24.jp/articles/2021/04/30/04864957.html