蓮田市長選挙が始まりました

私、福田せいじは蓮田市長選挙に立候補いたしました。

都市計画、まちづくりに携わってきた経験と実績を活かし、蓮田市を住んで誇れるまちにします。蓮田市にはたくさんの可能性が眠っています。16年間停滞したこのまちが目覚めるまであと一歩です。市民であるあなたの力が必要です。

どうか福田せいじを、応援よろしくお願い申し上げます。

投票日は5/15(日)午前7時から午後8時です。

蓮田市長選挙は5/9(月)から5/14(土)までの期間、蓮田市役所と蓮田駅西口行政センターで期日前投票ができます。 5/15は雨の予報が出ていますので、当日の天気が心配な方は期日前投票をご利用ください。投票所入場券を紛失しても投票できます。

福田せいじが”絶対にやる”政策

子育て支援
障がい者・高齢者支援

産業誘致で税収増

市政改革

夢支援
低炭素自立社会で世界の蓮田へ

ここまで掲げたものは実現性が非常に高い”絶対にやる”政策です。
これらとは別に実現に向けて取り組む政策も考えております。

福田せいじが実現に向けて取り組む政策

ポッドキャストをブラウザ再生(Anchor) :https://anchor.fm/seiji-fukuda

Spotify : Apple Podcast : Amazon Music : Google Podcasts

福田せいじの経歴・実績はこちらのボタンから確認いただけます。

ご意見、質問、ご要望、暮らしのお困りごとはこちらから!

□これまでの福田せいじ・福田せいじの最新情報
公式ブログ/ fukuda-seiji.jp/
政策/ http://fukuda-seiji.jp/policy/
公式litlink/ lit.link/fukudaseiji
□SNS
facebook/ www.facebook.com/seiji.fukuda.7
Instagram/ www.instagram.com/fukuda_seiji_hasuda/
Twitter/ twitter.com/fukuda_adv
#蓮田 #まちづくり #政策

◆レベルの高さに脱帽

今日は蓮田市内の5つの中学校のブラバンの演奏会がありましたが、どの学校もそのレベルの高さに腰が抜けました。

我が蓮田の中学校が特別にコンクールに強いという話も聞いていないので、ひょっとしたらこれが現代の音楽レベルなのかもしれませんが、私が高校生の頃と同じくらいのレベルかひょっとしたらもっと上かもと思います。

そりゃ、音楽専門の学校でもないフツーの中学生ですから、細かな表現力は望むべくも有りませんが、とにかくミスが少ないのにビックリします。オトナのウインドオーケストラの演奏もあり充分に生演奏を堪能できました。

最後は小学生の演奏がありましたが、さすがに小学生なら鼓笛隊だろうと高をくくっていたらなんとブラスだったのでこれまたたまげました。でもってトランペットが10本という圧巻の演奏にこれがホントに小学生かとうなってしまいました。

とにかく、今の音楽レベルは私が子供の頃とは比べ物にならないほど進化しているようです。アップした動画は、慌てて携帯電話で取ったものなので画質も音質も良く有りませんが演奏のレベルの高さは分かると思います。

この動画の中学は部員が大勢居ますが中にはこの3分の1程度の学校もありましたが、演奏はどの中学いづれも立派なもので、ため息が出ました。

それとこれだけの演奏レベルにもかかわらず会場は満席には程遠いのも気になりました。これほどのレベルならもっと人が集まっても良い筈、アピールが足らず知られてないのでしょう。加えて、私が目指す「住んで楽しい街・誇れる街」に直結するものですので、もっとアピールできないものかと残念でなりません。

◆マイブーム

レオポルト・モーツアルトはご存知、あのモーツアルトのお父さんですが、実はなかなか良い曲を多数書いていて、その一つ「二本のホルンのための協奏曲 ニ長調」が、モーリス・アンドレのトランペット演奏とともにマイブームです。

中古LPレコードとしてはチョイ高めでしたが、偶然近所のブックオフでゲットして以来、モーリス・アンドレの超絶テクニックとあいまってパパ・モーツアルトに嵌っています。

通常のFの2オクターブ以上(タブン)を何のストレスも無く吹くモーリス・アンドレの超絶テクニックにはため息が出るばかりですが、同時にこの樂曲のオーケストラのハーモニイが、プロコフィエフのピーターと狼の大好きなハーモニイと同じなところもお気に入りです。

天才って、やはりスゴイ!

蛇足:プロコフィエフのピーターと狼ほどオーケストラを美しく鳴らせる曲は無いのでは?と思っているので、あのナレーションが邪魔で仕方ありません。題名の無い音楽会あたりで、ナレーション抜きを演奏してくれまいか・・・。

も一つついでに、我が街蓮田には多くの隠れた演奏家が居ます、彼らが自然体で活躍できる場を設けたい!

大枚はたいた文化会館や設置したスタンウェイをもっと上手く活用できないものか、施設を創って満足では、建設業者の一時的収益のためと思われても仕方あるまい。米百票の精神など何処吹く風、種籾を我先に食ってしまう体質を何とかしなければ、この街の明日はありません!

■夜立ち効果

事情があって、少し間が空いてしまった夜立ちをしたら思いの外の好感触にビックリしました。

朝立ちでは小さな名刺だけを配っていましたが、夜は政策を書いたリーフレットを配っています。

これだけ好感触であると噂になって、そろそろ妨害が始まりそうですが今のところそんな気配はありません。6年前県議選に出た時は、寄付金募集と称して大勢で場所取りされ、演説ができなくなったことを思い出します。

 

  1. 先ず最初の驚き:

夜立ちの準備をしていると、このリーフレットいいですかと若いサラリーマンから声をかけられ、いつも朝の演説聴いてます、がんばってくださいとの事。若い世代からのお声がけは特に励みになりました。

 

  1. 若い女性:

次が若い女性が積極的にリーフレットを取りに来てくれたこと。こちらも同じく朝の演説聴いてますとの事。これはとても嬉しいです。

 

  1. 話しかけられることの多さ:

やたら話しかけられました、やはりこちらも同じく朝の演説聴いていますとの事。中には本気ですかと聞いてくる知的な雰囲気の青年がいたので、勿論本気です、退職しましたからと言うと、朝いつも演説を聴いています、リーフレットじっくり読ませていただきますとのこと、【じっくり】と言うのが若干プレッシャーでは有りますが、これまたうれしい限り。

 

  1. がんばってください応援してます:

実はこれが一番多かった。たぶん朝はそうした声掛けができなかったり照れくさいのかもしれません、夜はなぜか、頑張ってください応援していますと声をかけてくれる比較的若い方が多いのにビックリしました、これまたうれしい限り。

 

  1. 番外編:スケボーの青年

演説する私の周りでスケボーをしていた青年が、リーフレットいいですかと寄ってきて、僕みたいなのどう思います?と聞いて来るので、いいんじゃないか、私は駅広にランページを作るのが夢なんだと言うと、ホントですか?と。勿論ホントにホントで、若者に限らずみんなが楽しいと思える街づくりがしたい、ランページの他にステンレスミラーと電源コンセントを整備しストリートミュージシャンやダンスの練習ができるようにし、若者が楽しいと思える街づくり、何も無い街ゆえになんでもできることを生かし蓮田発の新しい文化の創造が私の夢なのです。