◆誹謗中傷に負けました

負けました。どの情報においても拮抗しているとのことでしたが、大差で負けました。私の力不足でした。ご支援を頂いた皆様には大変申し訳ございませんでした、と申し上げるべきところですが、反省点あるいは改善点が全く見当たりません。

前回は全くの無名で実績も支援組織も無い状態で7150票、今回は市議トップ当選し実績も毎議会毎に満席の傍聴人が来て、多くの市民に評価され、支援者の輪もけた違いに広がりました。選挙準備は2年前から万端に進めていましたので、本命視されていましたが、それ故、誹謗中傷のターゲットにされたのでしょう。

問題は誹謗中傷のやり方で、所謂怪文書ではなく、発行元を明記して、事実と異なる内容を「議会で明らかになったことを知らせている」として、選挙直前に連日配布されたので、疑惑が定着してしまい、いくら裁判所から配布停止命令が出ても、定着したイメージは消えず、ケンカ両成敗となり、敗退しました。

私が市長になれば、利権派は利益を失うので、なりふり構わず、見事功を奏したようですが、負けた事実には変わりなく甘んじて受け入れざるを得ません。今後も既得権益を破壊する候補者が出てくれば同じやり方で確実に葬ることができます。どうやってもなす術がありません。

我が事というよりも社会正義の観点から、これより法的手続きに入り、この構図を誰が描いたのかを明らかにしてまいります。

尚、今後の政治活動については、未定です。

蓮田市長選挙が始まりました

私、福田せいじは蓮田市長選挙に立候補いたしました。

都市計画、まちづくりに携わってきた経験と実績を活かし、蓮田市を住んで誇れるまちにします。蓮田市にはたくさんの可能性が眠っています。16年間停滞したこのまちが目覚めるまであと一歩です。市民であるあなたの力が必要です。

どうか福田せいじを、応援よろしくお願い申し上げます。

投票日は5/15(日)午前7時から午後8時です。

蓮田市長選挙は5/9(月)から5/14(土)までの期間、蓮田市役所と蓮田駅西口行政センターで期日前投票ができます。 5/15は雨の予報が出ていますので、当日の天気が心配な方は期日前投票をご利用ください。投票所入場券を紛失しても投票できます。

福田せいじが”絶対にやる”政策

子育て支援
障がい者・高齢者支援

産業誘致で税収増

市政改革

夢支援
低炭素自立社会で世界の蓮田へ

ここまで掲げたものは実現性が非常に高い”絶対にやる”政策です。
これらとは別に実現に向けて取り組む政策も考えております。

福田せいじが実現に向けて取り組む政策

ポッドキャストをブラウザ再生(Anchor) :https://anchor.fm/seiji-fukuda

Spotify : Apple Podcast : Amazon Music : Google Podcasts

福田せいじの経歴・実績はこちらのボタンから確認いただけます。

ご意見、質問、ご要望、暮らしのお困りごとはこちらから!

□これまでの福田せいじ・福田せいじの最新情報
公式ブログ/ fukuda-seiji.jp/
政策/ http://fukuda-seiji.jp/policy/
公式litlink/ lit.link/fukudaseiji
□SNS
facebook/ www.facebook.com/seiji.fukuda.7
Instagram/ www.instagram.com/fukuda_seiji_hasuda/
Twitter/ twitter.com/fukuda_adv
#蓮田 #まちづくり #政策

◆市長選立候補宣言と提訴について(ご報告)


私、福田聖次は令和4年4月4日に記者会見し、来たる5月8日告示の蓮田市長選挙への立候補を表明しました。その際議員辞職の時期について質問が出ましたが、「本来、本日4月4日をもって辞職する予定でした。しかし毎議会ごとの「議会だより」に私に関して議事録に無いことを書く議員がいるため令和4年4月25日の同誌編集会議までは職務を全うした後、辞職を予定している」と表明しました。

その後ご報告が遅れた理由は、執拗な誹謗中傷に対し提訴するための証拠固め等の準備に時間を費やしたためです。誹謗中傷行為につきましては令和4年4月6日、さいたま地方裁判所に提訴しましたことをご報告申しあげます。

なお、蓮田市議会議員の職は、記者会見で表明したように「議会だより」編集会議終了後令和4年4月25日に辞する予定でありますことを改めて表明いたします。

◆駅立ちの不思議

国政選挙に配慮して中断していた駅立ちを11月1日から再開し議会報告ビラを配布していますが、若い方の反応が良いのに驚いています。以前からこの傾向はありましたが、それがこの国政選挙後ますます顕著になってきました。

少数ですが、女子高生がけっこう受け取ってくれ、中には一目散に私の元に駆け寄って来て、ください!と元気よく受け取る子もいて、てっきり知り合いのお子さんかと思いましたが違っていました。

また、私の活動を見て弟子入り志願する青年もいて、次の次の市議会議員選挙に出るよう勧めたところです(次の選挙では若すぎて資格無故)。

さらには、メディアでしか知りえないとんでもない経歴の人材から支援の申し出をいただき、偽物ではないかと疑いつつお会いしたところ本人だったので、こんな人が蓮田に住んでいたのかと肝をつぶしました。

我が街には人材が結構隠れているとは以前から聞いてはいましたが、このところそうした方々からのご支援が増えてきており、医者や一流企業取締役、東大、ハーバードといった賢人の知恵を拝借しているところです。

なんとなくですが、選挙基盤に微妙な変化が起きているような気がします。どうやら市政に関心があるのはお年寄りばかりでは無さそうです。