知りたいのは感染の絶対数ではなく感染率と治療法

東京都の感染者が多いと騒動が続いていますが、東京で1日千人の感染者が出ても、人口100人の村の1人の感染者の方がはるかに危険なので、目安にはなるものの感染の危険度が分かりません。さらには大都市は昼間人口が多いのでいくら感染者数を特定できたとしても実際の感染の危険度は分かりません。

ですが下水道の利用人口は分かるので、公共下水から流域下水への出口の汚水をサンプリング検査して新コロウイルスの量を調べれば、公共下水流域ごとの新コロ汚染度がわかると思うのですが、汚水からウイルス量は把握できないのかな?

それとワクチンなどの感染防止策ばかりが議論されているのも気になります。私は感染防止が困難なことが分かっているのだから、治療法が気になります。でもメディアから流れてくるのは感染防止ばかりで治療法の情報はほとんどありません。素人故よけいな意見は差し控えますが、素人故の疑問です。

◆ 一般質問終了

一般質問が終わりました。案の上、昨日予告した通り入札を取り上げた途端にヤジが巻き起こりました。実に分かりやすい議員たちです。


それは傍聴人も同じようで、「あのヤジを飛ばしていた議員は何だ、業者の回し者丸出しではないか」と私の質問終了後皆さん口々に呆れ憤慨していました。


傍聴に来ていた方々はコロナ禍にもかかわらず来る方ですから意識は高く、しかも皆さん影響力のある方ばかり。


次の選挙でどうなることか・・・。

◆明日の私の一般質問は妨害が予想されます

明日は蓮田市議会における私の一般質問日です。この1年間毎回入札について、入札参加資格要件の会社所在地条件に、何故業者数が多く談合が不可能な「さいたま市」を入れないのかを問うてきましたが、中立公平性を保つためなどと意味不明な答弁の繰り返しでした。

これからの入札についての質問ならいざ知らず、終わった入札の条件設定の理由を聞いて一体どんな影響があるというのでしょうか、さかのぼって入札が取り消されるとでも?仮にそうなったらその入札に不正があったということでしょう。過去の入札の条件設定の理由を明かせないというのは無理があり、怪しいことこの上ありません。

そして毎回、入札の質問になると議員や議長から発言を止められます。9月議会では議長から順番を遡ってもいないのに、遡った質問はやめろと質疑を中断させられ、12月議会でも議長から再質問に対して通告外だから質問を変えろと中断させられました。一体再質問をどうやって通告するというのでしょうか、理解不能です。

今議会でも、入札に関する質問で再質問を阻止されるかもしれませんが、そうなるとこれはもう完全な二元代表制の危機と言わざるを得なくなります。これを防げるのは市民の皆様の目しかありませんので、是非インターネット実況中継をご覧ください。

私の出番は2番目なのでおそらく10時頃からです。

https://smart.discussvision.net/smart/tenant/hasuda/WebView/rd/speech.html?year=2021&council_id=26&schedule_id=4&playlist_id=1&speaker_id=0