◆重箱のど真ん中

 もうずいぶん前、3月頃に書いたと思うのですが、「圧倒的に多いインフルエンザの死者に騒がず、コロナばかり取り上げるのはおかしい」とか「所詮風邪の一種だ、恐るるに足りない」といった声がありますが、各国がコロナに躍起になっているのはウイルスの正体が不明で、ワクチンや特効薬がなく、感染拡大の予測がつきにくいからだ、と書きました。 これ今も同じ考えを私は持っています。

この記事にあるように仮に見方によってインフルエンザより危険度が低かったとしても、現時点で4.2パーセントの死ぬ確率で治療薬もないことが決定的な違いで問題だからです。 早期発見胃がんの5年死亡率(∴5年生存率95.9%)とほぼ同じです。

前提が違うので単純比較は意味ありませんが死ぬ確率の恐怖は同じなので、治療薬が無いのにこれを平気でいられる人は、よほど度胸があるのでしょうが、癌と違いコロナは他人にうつしますから、これを果たして度胸と言えるかどうか。

https://medley.life/news/5e390f2d6158e140a8122862/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です