◆前提条件

議論や質問には、当然に前提となるシチュエーションがありますので、その前提が変われば主張や答えも変わるはずです。例えば食欲有りますかとの問いに、空腹時と満腹時では違う答えになりますよね。

コロナ第2波到来か、との議論を聞いていると、どうもこの前提条件が無視されているように思います。確かに感染者数は第1波を超える勢いですが、死者数は圧倒的に少ないままですから。

第1波即ち緊急事態宣言の時と現在ではPCR検査の受検条件が変わり検査数が圧倒的に増えていますから、感染者数を測る前提が違います。異なる検査条件での陽性者数だけを比べてもあまり意味があるとは言えないでしょう。

一方第1波と現在の死者数は、第1波時の方がPCR検査数が少ないので、コロナ死者が別の病気にカウントされる可能性は現在より第1波時の方があるはずなので、死者数は現在の方が確実に少ないのではないでしょうか。

同じ前提の数字を無視して、前提が異なる数字の比較で大騒ぎするのは馬鹿げたことだと思った次第。安心は禁物ですが、ただヒステリックに恐れるのではなく、事実を把握したうえで正しく恐れ、対処すべきです。

◆【閑話休題】進化に合ってない!

せっかくの4連休も毎日雨で、ちょいの間庭いじりしたら、無茶苦茶蚊に刺されました。いや痒いのなんの我が家の蚊さんは強烈でぼこぼこにされたカンジです。こんな時いつも思うのは何故蚊に刺されると痒いのかという生物進化への疑問です。

だって蜂などが刺すのは、身を守るためですよね、だから攻撃してくる相手に痛みを与えるわけで、さらに次に出会ったとき相手はコイツを攻撃すると痛い目にあうから止めとこうと抑止力となって身を守るわけです。

ところが蚊さんの場合、刺すのは攻撃ではなく自分のお食事なわけで、人サマから血をチューチュー吸った挙句、後に痒みを残すのは何とも恩知らずで可愛くないから、人は蚊に刺されると、ペシッとやるわけですが、じゃいったい何のために蚊さんは、痒くするのでしょうかね?

進化の過程で、より環境に順応し生存力を高めるならば、血を吸った相手に痒みを与えるのはマイナスで、蚊に刺されたらいい気持ちになるとか、少なくとも何も感じなければペシッとやられる危険性がなくなるわけで、絶対こっちのほうが蚊さんにとって良いはず。

なのに何の利益もないばかりかわざわざペシッとやられる身の危険を創っているわけですから、進化の論理に反して逆行です。

蚊さん、キミたち間違ってるよ、痒くするの止めたら、安心してお食事できるのになんで?

てなことを、毎度蚊に刺されるたびに思うのですが・・・

そう思いながら、刺され続ける私も進化ないか。

◆中国のしたたかさと日本の平和ボケ

主張の是非はともかく、日本がコロナ一色で右往左往しているドサクサにこういう動きを忘れないとはたいしたもの。アメリカさんの庇護頼りの日本に比べ、この国家意識は見習いたいものです。

なにしろ、コロナ禍は中国の方がはるかに深刻なはずなのに、このしたたかさには舌を巻きます。

というか日本が平和ボケというか内向き過ぎでは?

このところの政府のGo toキャンペーンのごたごたを見ていると、この国の危機管理が心配になってきます。

まあ、国会議員でもないので、心配するだけで何も出来ないのがもどかしいのですが・・・、

https://news.livedoor.com/article/detail/18599757/

◆重箱のど真ん中

 もうずいぶん前、3月頃に書いたと思うのですが、「圧倒的に多いインフルエンザの死者に騒がず、コロナばかり取り上げるのはおかしい」とか「所詮風邪の一種だ、恐るるに足りない」といった声がありますが、各国がコロナに躍起になっているのはウイルスの正体が不明で、ワクチンや特効薬がなく、感染拡大の予測がつきにくいからだ、と書きました。 これ今も同じ考えを私は持っています。

この記事にあるように仮に見方によってインフルエンザより危険度が低かったとしても、現時点で4.2パーセントの死ぬ確率で治療薬もないことが決定的な違いで問題だからです。 早期発見胃がんの5年死亡率(∴5年生存率95.9%)とほぼ同じです。

前提が違うので単純比較は意味ありませんが死ぬ確率の恐怖は同じなので、治療薬が無いのにこれを平気でいられる人は、よほど度胸があるのでしょうが、癌と違いコロナは他人にうつしますから、これを果たして度胸と言えるかどうか。

https://medley.life/news/5e390f2d6158e140a8122862/