◆今、目の前にある事実◆

 4/4に私はここにネットで流布されている「2週間後の日本が今のニューヨークだ」とのニューヨーク在住の日本人の警告を取り上げ「日本が現在のアメリカの状況にならなければ、日本のコロナ対策方針が正しいと言う事でしょう。そうなればネトウヨは狂喜乱舞し、ネトサヨは地団駄踏んで悔しがるでしょうが、事実認識にはどうでも良いことです。」と書きました。

また、4/18には感染者数を累計で報道する愚を書きました。 その後、やっとマスコミも累計から新規感染者報道に替えてきました。

今、2週間以上たちました。明らかな事実を記します。

①新規感染者数は減少

②東京含む日本は2週間後のニューヨークにはなっていない

さて、この事実をどう受け止めましょう?

【以下は付け足し、お時間ある方はどうぞ】

新規感染者数減少という事実が100%真実かどうかは、検査数に制限があるので分りませんが、検査の条件が悪くはなっていないので、絶対数は当てにならなくても傾向は正しいでしょう。

そして、どんなに主観的評価を加えても東京含め日本はニューヨークの状況にはなっていないと言う事実は曲げようがありません。

コロナ騒動に関しては、当初から事実が非常に不明なまま、様々な意見や政府批判の嵐でした。今私が知りたいのは、批判やご高説はケッコウですから、何故日本は感染拡大していないのかの冷静な原因分析です。

事実を見る限り、PCR検査抑え込みは悔しいけれど正しかったと認めざる得ないようにも思えます。

「ようにも思えます」って何、はっきり「認めざる得ない」と書けよと思われるかもしれませんが、何故こうも往生際が悪いかと言うと、PCR検査抑制論にはどう考えても論理矛盾と論点の誤謬があるからです。

論理矛盾とは感染防止するのに感染者を特定しないとの矛盾、論点の誤謬とは感染防止を医療崩壊防止に置き換えている事です。

という訳で、何やら預言者の予言が当たったような感じで、認めたくないと言うのが正直なところですが、公表されている数字がインチキでなければ、政府の対策はどんなに奇妙奇天烈であっても功を奏していると言わざるを得ません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です