◆不可解な議会要請


昨日、報告事項「新型コロナウイルス感染症対策について」と題して、議長名で議会全員協議会が4月9日開催されるとのファックスが届きました。

全国的に3密の回避やテレワークの推奨が叫ばれ、さらには今日にも緊急事態宣言が発令される埼玉県で「報告」のために、なにゆえ議員を全員招集し接触しての集会をするのか全く不可解です。…

先の3月議会における同テーマの全員協議会においても、説明する職員がスペースがあるにもかかわらず肩寄せあっていたので、もっと間隔を広げるよう注意を促しましたが、どうも「報告」のために「人」を「集合」させる事を考えると、未だに事態を全く理解していないのではないだろうか、非常時に平常時の感覚・習慣でものを考えているのではないかとの疑問が湧きます。

「報告」はEメール、ファックスで即時可能ですし、議論はTV会議やスカイプの利用で可能ですから、私は議長あてに「スカイプ等を利用しての参加もしくは欠席」を打診したところです。その際私の主張が第三者の目に触れるよう議会事務局あてにメール送信し、一読したうえで議長に伝えるようお願いしました。

どのような沙汰が出るのか、待っているところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。