■生活保護を目の敵にする愚

 

 

よく年金より給付額が高いからと生活保護を目の敵にする方がいますが見当違いでしょう。

 

40年間、毎月まじめに年金の支払いをした自営業者の年金給付額が月額6万5千円。一方年金の支払いをしなかった人の生活保護が月額17万円、と聞けば怒る気持ちも分からなくも無いのですが、全く別の話です。

 

怒るなら、生活保護が高いと怒るのではなく、年金が安すぎることを怒るべきでしょう。何しろ何十年と老後のために年金を強制的に支払わされてきたのに、憲法で保障された最低限度の生活のための生活保護より安いのですから、怒る方向が違います。

 

そもそも生活保護の金額を下げたり打ち切ったからとて、それで年金生活がよくなるわけではありません。

 

年金と言う名のペテンを国家がやっているのに、ペテン師にやっかみ心を操られて、怒りの矛先をより弱いものに向けているに過ぎません。いい加減乗せられてることに気づくべきです。

 

繰り返します。

生活保護が年金より高いと文句を言っても自分の生活は何もよくなりません。言うべきは自分の生活をよくしろ!なのです。

■カメラを止めるな

少し前の話ですが、愚息に誘われ「カメラを止めるな」を観てきました。予算300万円じゃアイデア勝負のインディーズものでチープな映像だろうから別に劇場で見なくたってレンタルDVDでいいんじゃないかと思いつつ、しぶしぶ付き合ったのですが、これ、評判通りと言うかそれ以上でした。

監督に敬意を表して内容は言えませんがこれほど面白い映画は何十年ぶりでしょうか。オモシロイは「興味深い」の意味だと思っていましたが「面白い」の意味でしたね、いやとにかく面白い!

予算300万円ということで、映像技術はチープなものを想像していましたが、とんでもない!フツーの劇場映画の映像と音楽のクオリティに先ず驚き最初から見入ってしまいました。虚実使い分けた役者の演技もリアルで、こちらも感心しました。

正直、どう考えてもこのクオリティで予算300万円はあり得ない、丸が1・2個足りないだろうと思いましたが、もしそれが宣伝のためのフカシだとしたら、それも製作テクニックの一つとして組み込まれたものかと感心するし、本当だったらさらに驚きます。

まあ、だまされたと思ってご覧くださいな、必見の価値アリです。恐らく、世界中の映画監督の皆さんは、ヤラレタと思ったでしょう。

ところで、私が市長を目指したのも、こういう驚きを世に発信したかったからです。支援者の方からは、有権者には理解困難だから余り言うなといわれていた自治体による実質的減税や低炭素自立都市を実現し、世界中の首長や政府関係者にヤラレタ!と思わせたかったのでした。

学歴にこだわる怪

 

本日、私の政策について40~50人ほどの集会にて話す機会がありましたが、私の学歴表記は正確ではないとの指摘がありましたので、東大から授与された修士修了の学位記※をアップしておきます。

ついでに言うと、選挙公報や印刷完了している政策ビラにはより正確に、以下のように書いてありますのでちょっと嫌味ではありますが成績証明もアップしておきます。

春日部高校卒、東京大学大学院修了(経済的事情で大学進学せず。57歳の時、大卒同等の能力有りと東京大学に認められ同大大学院に入学し修士課程を首席で修了。大学院同期に現職事務次官や多くの著名人・政府系職員がいて人脈を広げる)。

※注)学位記とは、正規の大学院修士課程を修了(=卒業)し、修士の称号を得たことを証明する証書で、大学で言えば卒業証書に相当するものです。

■街頭演説

私の持ち味は、まちづくりコンサルタントとしての経験と実績に基づく演説と心得ているので、もっぱら駅立ちでも街頭でも演説が主体です。

 

昨日、椿山住宅地で街頭演説をしていると、若者が物珍しそうに演説をする私をしばらく撮影していましたので、どこかのネット上にアップされているのかもしれません。

 

本日は、市の東端部と西部地域で街頭演説を行いましたが、いづれの地域でも、ママさんたちから、ご苦労様と冷たいドリンクの差し入れをいただき、とても嬉しかったです。特に西部地域では私の街頭演説を追いかけて来てとても冷たいドリンクを小さなお子さんから頂いたのは感激です。

 

街頭演説に限らず、こうした市民の皆様との触れ合いの機会があるたびに、暖かい声援と励ましを頂くと、本当に嬉しくて涙が出そうになります。

 

ですがこうした好感触が実際の投票行動にどう結びつくのか、素人ゆえまったく予想が付かず、有利なのか不利なのか皆目見当が付かないと言うのが正直なところです。愚妻は単純に嬉しいじゃないのといいます・・・確かに、こうした声援を頂いていることを単純に喜び楽しむことにしています。

■興奮して眠れない・・・

今日の駅立ちは、なぜかものすごい反響でした、未だに興奮して眠れません。

いったい何人の方に握手を求められたのか、状況が未だによく分かりません。何故突然このようになったのか正直戸惑ってもいますが、とにかく単純に嬉しい、それが実感です。

 

いったい何があったのでしょうか、浮かれるばかりではなく少し冷静に分析したいと思います。

ふと、見たら先月末以来、マトモに更新していない・・・、
ではそろそろと、思いきややはり時間が無い。選挙の準備がこんなに忙しいとは・・・、
という呟きのみの更新でした、ゴメンナサイ。

■ネット復活

ちょっとした手違いで、ネットが停止しておりましたが何とか復旧しました。

さて、今日は我が蓮田市の一大イベントさくら祭りでした。多くの市民が集まる場なので候補者は必ずねり歩く習慣ですが、露骨な活動はそぐわないので、メインではなくサブ的な会場入り口で、ただ支援者及び我妻と息子が旗を持って立っているだけにしましたが、結構な好感触に私を含め支援者も家族もビックリ。

ただ立っているだけだったのですが、頑張ってください、4選は長すぎます新しい風を吹かしてくださいと声を掛けられるので、恐らく市長選のことでしょう。

但し、選挙コンサルタントに言わせれば、恐らく意味がない浮かれるなと言うでしょう。気を引き締めます。

■夜立ち効果

事情があって、少し間が空いてしまった夜立ちをしたら思いの外の好感触にビックリしました。

朝立ちでは小さな名刺だけを配っていましたが、夜は政策を書いたリーフレットを配っています。

これだけ好感触であると噂になって、そろそろ妨害が始まりそうですが今のところそんな気配はありません。6年前県議選に出た時は、寄付金募集と称して大勢で場所取りされ、演説ができなくなったことを思い出します。

 

  1. 先ず最初の驚き:

夜立ちの準備をしていると、このリーフレットいいですかと若いサラリーマンから声をかけられ、いつも朝の演説聴いてます、がんばってくださいとの事。若い世代からのお声がけは特に励みになりました。

 

  1. 若い女性:

次が若い女性が積極的にリーフレットを取りに来てくれたこと。こちらも同じく朝の演説聴いてますとの事。これはとても嬉しいです。

 

  1. 話しかけられることの多さ:

やたら話しかけられました、やはりこちらも同じく朝の演説聴いていますとの事。中には本気ですかと聞いてくる知的な雰囲気の青年がいたので、勿論本気です、退職しましたからと言うと、朝いつも演説を聴いています、リーフレットじっくり読ませていただきますとのこと、【じっくり】と言うのが若干プレッシャーでは有りますが、これまたうれしい限り。

 

  1. がんばってください応援してます:

実はこれが一番多かった。たぶん朝はそうした声掛けができなかったり照れくさいのかもしれません、夜はなぜか、頑張ってください応援していますと声をかけてくれる比較的若い方が多いのにビックリしました、これまたうれしい限り。

 

  1. 番外編:スケボーの青年

演説する私の周りでスケボーをしていた青年が、リーフレットいいですかと寄ってきて、僕みたいなのどう思います?と聞いて来るので、いいんじゃないか、私は駅広にランページを作るのが夢なんだと言うと、ホントですか?と。勿論ホントにホントで、若者に限らずみんなが楽しいと思える街づくりがしたい、ランページの他にステンレスミラーと電源コンセントを整備しストリートミュージシャンやダンスの練習ができるようにし、若者が楽しいと思える街づくり、何も無い街ゆえになんでもできることを生かし蓮田発の新しい文化の創造が私の夢なのです。

■今日も小雨の中の駅立ち・・・

でしたが、どうも調子が悪い。
ろれつも回らないので早々に切り上げました。

聞いている側からすれば、話し手の調子なんて関係ないから、下手な演説だなあと思われては逆効果と考えた次第。

今日は雨の中の駅立ちでした。

雨ゆえ駅立ち中止を支援者の方々には連絡しておりましたが、愚妻が、いや雨の中で夫婦で頑張っている姿を見せようと言い出し、急遽二人で駅立ちした次第。

雨で拡声器が使えないので、夫婦でお早うございますだけ言おうと決めていましたが、どうにも演説の虫が疼いてしまい、傘をさしての演説となりました。やはりただよろしくお願いしますというのは性にあいません。

これまでのように長期政権の問題点を言い過ぎると悪口に聞こえるので、今日からは私の政策について話し始めました。

ホームに向かっての演説は、電車間隔が不規則なので、アドリブでやるしかなく、まったく同じ内容にはなりませんが少しづつ具体的政策を演説し始めています。

具体的な話になれば当然に反発もあろうかと覚悟していますが、なぜか相変わらず感触が良いのでちょっと嬉しい反面、不思議な気分です。

まあ、何事にも迎合せず、自分の考えを淡々と述べて、後は有権者の皆様の判断次第と考えるようにしています。